青空とハンバーグ

漫画のネタバレか、駅メモ旅行の雑記。

12/29 駅メモログ(近江鉄道、和歌山線、和歌山電鉄、水間鉄道ほか)


f:id:zhiyang:20171231210158j:image

「鉄道むすめ」スタンプラリーの終わりが近い。本当は2018年の5月いっぱいまでやっているので半年近くあるが、残るスタンプの設置場所の数と必要な移動距離、それに旅行できる週末や費用を考えるとあまり余裕はない。隙あらばスタンプを回収しにいきたい。

というわけで、正月奈良の母の実家で過ごすのを利用して関西圏のスタンプを回収したい。ついでに未踏の路線も乗りにいく。

具体的なスタンプの設置場所は八日市近江鉄道)」「伊太祈曽(和歌山電鉄)」「水間観音水間鉄道)」なのでここを一日で回る。

 

彦根八日市~貴生川(近江鉄道本線

彦根 6:12 → 八日市 6:48  近江鉄道本線 近江八幡

まずは夜行バスで彦根に行く。始発新幹線は朝起きられないし、朝イチで動ける夜行はいい。体の節々が痛いし気持ちも悪いが、電車が来るまでに体をほぐして、冬の空気を肺いっぱい吸い込んでリフレッシュする。
f:id:zhiyang:20171231212501j:image

これはひこにゃんなのか、彦根のよいにゃんこなのか。


f:id:zhiyang:20171231212617j:image

彦根駅のホーム。人がいない。寒いし暗い。

八日市 7:06 → 貴生川 7:57  近江鉄道本線 貴生川行

f:id:zhiyang:20171231212722j:image
f:id:zhiyang:20171231213024j:image

貴生川に行くにはここで乗り換える。ついでにスタンプも回収する。豊郷あかねちゃん可愛い。

 

貴生川~柘植~伊賀上野~上野市~伊賀神戸(JR草津線関西本線伊賀鉄道

貴生川 8:03 → 柘植 8:21  JR草津線
f:id:zhiyang:20171231213209j:image
f:id:zhiyang:20171231213140j:image

貴生川でJR草津線に乗り換え。忍者列車に気をとられたり、柘植行がどこに停まってるのかわからなかったりで危うく乗りそびれそうになるがギリセーフ。

柘植 8:35 → 伊賀上野 8:51 JR関西本線 加茂行
f:id:zhiyang:20171231213635j:image
f:id:zhiyang:20171231213823j:image
f:id:zhiyang:20171231214039j:image

柘植では伊賀上野目指して関西本線に乗り換えだが、伊賀上野方面は1番線だと忍者に案内される。


f:id:zhiyang:20171231214102j:image

本当は2番線だけど。多分関西本線の柘植~亀山間運休の影響で乗り場が変わってる。

伊賀上野 8:56 → 上野市 9:03着 / 9:04発 → 伊賀神戸 9:30  伊賀鉄道 上野市行 / 伊賀神戸
f:id:zhiyang:20171231214639j:image

伊賀上野では人面忍者列車でお馴染み伊賀鉄道に乗り換え。


f:id:zhiyang:20171231221722j:image
人面忍者列車は伊賀上野~上野市の一瞬しか乗ってなかったうえに、乗り換えがせわしなくあんまりじっくり見られなかったが、内装は木っぽい感じで小綺麗だった。


f:id:zhiyang:20171231221637j:image
切符買う時間がなく、車内で運賃を払う。しかし伊賀エリアはとにかく忍者推しらしい。

 

伊賀神戸~桜井~和歌山(近鉄大阪線~JR和歌山線

伊賀神戸 9:43  → 桜井 10:29  近鉄大阪線 急行 大阪上本町
f:id:zhiyang:20171231221614j:image

近鉄大阪線ともなれば編成も増えるし、乗客も多くなる。ローカル線感も一気に薄らぐ。伊賀神戸駅の写真からはまったく伝わらないけど。

桜井 11:11 → 和歌山 13:36  JR桜井線・和歌山線
f:id:zhiyang:20171231223214j:image

和歌山線全線+α、今回の駅メモ旅行で最長の行程。今にして思えば昼飯を食うチャンスはここしかなかった。なかったのに、和歌山で食えばいいかと思って、駅前の喫茶店で優雅にカフェラテ飲んで、ファミマで何故か三色団子を買う謎判断をしてしまった。三色団子は和歌山線の車内で食べた。

 

和歌山~伊太祈曽~和歌山~和泉橋本(わかやま電鉄貴志川線JR阪和線

和歌山 13:55 → 伊太祈曽 14:12着 / 14:46発 → 和歌山 15:04  わかやま電鉄貴志川線
f:id:zhiyang:20171231224829j:image

たま駅長でちょい有名なわかやま電鉄で第2のチェックポイントの伊太祈曽へ。たま駅長はいなかったけど。


f:id:zhiyang:20171231225051j:image

ローカル線の財政事情は厳しい。


f:id:zhiyang:20171231225547j:image

伊太祈曽駅。改札の近くではおばちゃんがくず湯(うろ覚え)とかくず餅売ってた。

伊太祈曽神社
f:id:zhiyang:20171231225846j:image
f:id:zhiyang:20171231230020j:image


和歌山に戻る列車まで伊太祈曽神社をお参り。行ってから知ったが、紀伊国一之宮らしい。


f:id:zhiyang:20171231230156j:image

 正面には古墳もある。神社よりあとにできたのか?神社と古墳併設ってたまにあるけど、特別な場所って限られるのかな。

和歌山 15:13 → 熊取 15:51着 / 16:00発 → 和泉橋本 16:04(JR阪和線

和歌山に戻ったら阪和線和泉橋本へ。水間鉄道乗るなら南海の方がいいけど、18きっぷ使って旅費浮かしてるので阪和線で。

 

和泉橋本~近義の里~水間観音~石才~和泉橋本JR阪和線水間鉄道JR阪和線

和泉橋本で降りたら徒歩で水間鉄道の駅を目指す。最初は石才に向かう予定だったが、駅前の周辺案内図に古墳があったので立ち寄る。

丸山古墳
f:id:zhiyang:20171231231140j:image
f:id:zhiyang:20171231231407j:image

名前まんまか。実際「丸い山があるなあ」と思ったら古墳だったとかなのだろうか。上に登れるが、方形の部分より円形の部分の方が高い位置にあるのがよくわかる。ちなみに秀吉が積善寺城を攻めるときこの古墳に陣取ったらしい。どこだ、積善寺城って。

 近義の里 16:43 → 水間観音 16:54着 / 17:22発 → 石才 17:31(水間鉄道

予定では和泉橋本から石才に向かうつもりだったが、古墳に寄ったら近義の里の方が近くなったので近義の里から水間鉄道に。住宅街をガタゴトと抜けると水間観音駅に。スタンプを押して水間寺へ。
f:id:zhiyang:20171231233152j:image

 水間寺を意識した駅舎。神々しい……。

水間寺

これも寺に行ってから知ったが、行基が滝にいた仙人に観音像を貰った由縁があるらしい。それで水間観音。まんまか。
f:id:zhiyang:20171231233734j:image

大晦日前の準備で忙しい感じ。


f:id:zhiyang:20171231233827j:image

でかい観音像もある。神々しい……。

水間寺にお参りし終わったら駆け気味で再び水間鉄道へ。石才で降りたら再び和泉橋本に。ちなみに途中、積善寺城跡があった。暗くてまったく何がなんだかわからんかったが。

 

 和泉橋本天王寺~王寺~生駒(JR阪和線関西本線近鉄生駒線

和泉橋本 17:49 → 東岸和田 16:53 16:55 → 天王寺 17:23着 → 天王寺 18:07着 / 18:12発 → 王寺 18:32(JR阪和線 普通→紀州路快速~JR関西本線

和泉橋本で再び阪和線に乗ったら、あとは寄るところもないのでひたすら帰るだけ。東岸和田で普通から紀州路快速に乗り換えたが、駅メモ的に大阪環状線を乗り潰したかったので、天王寺(一度目)で乗り換えずそのままグルっと回ってから天王寺(二度目)で乗り換え。東京の人間からすると、環状線にそのまま乗り入れるのが不思議だが面白いけど、ややこしい。あと「○○路快速」って名前がカッコ良くて好き。

王寺 18:47 → 生駒 19:15(近鉄生駒線

最後に近鉄生駒線を乗り潰してオシマイ。いつぞやの豪雨だか何だかで線路駄目になってた気がしたが、一応復旧してたっぽい。しかし王寺(JR)と王寺(近鉄)と新王寺近鉄)の位置関係がよくわからずウロウロしてしまった。大阪圏の各鉄道会社間での駅舎の連絡はいつも失敗する。

 

残るスタンプ

関西圏のスタンプはこれで回収完了(京阪京津線、嵯峨野トロッコ嵐電大阪モノレール泉北高速鉄道北神急行は何回かに分けて回収済み)。

あと残るのが、

10ヶ所以上残っとる。しかも東京から遠隔地ばっか。厳しい。

1/1 追記

残りのスタンプ設置箇所、大宮(トミーテック本社)を忘れてた。まあこれは会社の帰りにでも寄れるし……。